お店をどこに出したらいいのかそれを決める基準はどこにあるのか?

お店をどこに出したらいいのかそれを決める基準はどこにあるのか?

基準というのは

別になくて

場所が良いとか

悪いとか

全然気にしていなくて

人さえ住んでいれば

お客さんを呼べると

思っています。


私のお店の


平野区内で

約何十万人

人口がいますが

別に

その中の

うちのサロンは

月に100人くれば

全然問題はないです。


地域で一番行動する

 

なので

毎月

100人呼べば

いいだけで

毎月ブログだったらブログ

YouTubeだったらYouTube

地域の中で

ダントツの数を

発信すれば

自ずと

お客さんは集まると思います。



もちろん

書き方とか

テクニックとか

もありますが

今の場所は

最寄り駅から10分位です。



今のところ

その地域で

私ほど

ブログを書いている人も

いないですし

そこまでライティングが

上手な人を見た事はないです。


平野区は

大阪府で

人口が1番多いです。


なので

美容室も多いです。


その中で

私は

ライティングであったり

発信の仕方であったり

他の美容室には

負けていないと思います。



平野区であれば

どこに出しても

うまくいく自信はあります。



それはなぜかといいますと

先程言ったみたいに

それだけのことを

私はやっているから

ということを

自負しています。


それだけの

数をやってもいないのに

集客できないですとか

そもそも数を

やっていますか?

と言う話です。


ブログでも

YouTubeでも

何でもいいので

その地域の中で

ダントツに

1番発信してください。


そして世の中に

出すということが大事です。


それだけです。


別にブログでも

毎日3行書いていれば

365記事できます。



それを3年続ければ

もう1000記事です。


結構

十分なボリュームになります。


なので

そういうことを

集中して

持続することが

できるかどうかが大事です。



以前お話しした

これから成功する

サロンの条件の1つで

集中力と持続力

それだけです。


なので

何をしているかというと

ただ

ブログを書いて

日々

お客さんに対して

DMを出している

それだけしかしていません。


だから

難しいことをする必要もなくて

当たり前のものの

当たり前の質を

どれだけ上げるかです。


ネタはどれだけでも出てくる


後は

どれだけ1対1で

お客さんの事を

しっかり

考えているかです。


ブログ書くネタがないとかは

絶対ないはずです。



お客さんと

ちゃんと向き合って

日々施術していたら

絶対にネタが

出てきます。


その人の事を

どれだけ

ちゃんと見ているか

というだけの問題です。


それで書けないのは

方向性が

自分に向いているだけで

お客さんに向いていません。


だいたいが

どうしても

自分に向いてしまっています。



しっかり方向性を

お客さんに向けていたら

自然とお客さんが

こういう事で

困っているのであれば

こういうアプローチを

しようとか

こういう風に

してあげようとか

出てくると思います。


それが出ていないと

言う事は

完全に相手のことを

考えていないと

いうことです。



書き方(テクニック)よりも大事な事


それは

書き方が

どうとか

テクニックはありますが

やはり

テクニックだけでは

うまくいきません。


テクニックなんかは

所詮小手先のものです。


ではなくて

内側から出てくる

もっとお客さんに

しっかり伝えたい

それを伝えるためには

こういうことを

勉強しようという

ところから

初めます。

 

そこで


こういう事を

学んだら

もっとお客さんに

伝えたいことが

しっかり伝わると思います。



なので

書き方がどうとかは

正直どうでもよいです。


書き方を教えている

私が言うのもなんですが

先に

やはり

お客様であったり

スタッフに対して

どれだけ真剣に

考えて

しっかり書いているか

どうかだけです。


行動し続けるために


なので

大きく地域で

発信する

必要もなくて

その商圏の中で

白髪染めであったり

縮毛矯正であったり

その中の1番を

とればいいだけです。


なので

そんなに難しく

考える必要はなく

あまり難しく

考えれば考えるほど

行動は止まってしまいます。


考えるより

まず

とりあえず

ブログを開いて

タイトルを書ける所から

書いて

後はつなげていくだけです。


別に今日は書けなかった

でもいいですし

短くても良いですし

何でもいいです。


とにかく頑張って

続けて

地域の中で

1番目立つ存在に

なれば

おのずと

お店は流行っていきます。


ということで

お店を出すときの

話ですが

私は

場所とかは

どうでもよくて

二階だろうが

山小屋だろうが

どれだけ

そこでしっかり

伝えたい事を

伝えられるか

という事だけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました