サロン経営の流れ(客単価)

客単価

サロン経営の流れ(客単価)

 

これまで

集客・リピートのお話をしてきました。

 

最後に、

今回は客単価について

お話ししていきます。

 

集客と リピートができたら

サロンはお客様がいっぱいになり、

売り上げに 限界がきます。

 

そこで、

客単価アップをしていきます。

 

代表的なものは 店販商品になります。

 

シャンプー、トリートメントなどの

ホームケア商品になります。

 

次に、

プラスメニューで、

トリートメントやスパなどがあります。

 

私のお店では

現在、 縮毛矯正に力を入れています。

 

他には、

ビビリ矯正と言って、

他店で髪の毛が傷んでしまった

補修するメニューです。

 

やはり、

他店で傷んでしまったお客様を

治すことにより、

信頼度は高くなります。

 

失敗している所を

改善してあげるだけで、

信頼関係が低い位置からでも、

 

いっきに信頼を上げていく事ができます。

 

また、

「すごく傷んでいるので、

 しっかりケアをしないと元に戻ってしまいますよ」

 

とアドバイスする事で、

ホームケア商品も売れやすくなります。

 

後は、

ハリスノフを取り入れています。

 

中には、

縮毛矯正をしたくないお客様も 見えますし、

美容師としても、

あてるのが怖いという事もあります。

 

グリオキシル酸という 成分で

縮毛矯正より髪を傷めずに

ある程度 癖が緩くなるものです。

 

後は、デジタルパーマです。

 

サロン以外では、

美容師免許があるなら、

良くあるのがマツエクやネイルになります。

 

中には、

ご年配の美容師オーナーさんで

補整下着を売っているかたもいてます。

 

この3つの流れ

・店販商品

・プラスメニュー

・サロン以外

 

の収益を頭に入れておく事で、

 

次はこうするという順番が、

頭の中で整理されていきます。

 

後は、

スタッフさんにも 共有して頂けたらなと思います。

 

この流れ、

・集客をして、

・リピートしてもらい、

・単価を上げていく。

 

この流れを教えてあげます。

 

そうする事で、

「なぜ集客の時に値引きをするのか?」

という事なども 理解してもらえます。

 

やはり、

スタッフさんに

伝わっていなければ、

 

すぐに行動に移してもらえないです。

 

サロン内で形を作り、

見える化をすることにより、

スタッフもやる事が

決まっているので動きやすいです。

 

という事で、

 

サロン経営の全体像を

3回にわたり

お話しさせていただきました。

 

全体像を把握してから

細かい所を これはどうやっていくのかを

細分化していく事が大事です。

 

これも、

皆さんの参考になれば いいと思うので、

是非、使ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました