ノウハウ、マインド、その上

ノウハウ、マインド、その上


今日のテーマの

ノウハウ、マインド、その上

ですが学ぶ順番があります。



まずは
「ノウハウ」を学び

その次に「マインド」
その後の最上級が「感覚」になります。



「ノウハウ」というのは

やり方で

「マインド」は在り方です。


感覚の学び方

その上の
感覚というのを

どうやって
学べばいいのか?

という所ですけど

直接、会って学ばないと
その感覚というのは掴めません。


例えば

ダウンロードというのは
ただ入れただけなので

パソコン自体の
スペックは
変わっていませんよね。



インストールをする事で
バージョンアップします。



バージョンアップを
しようとするなら

感覚をインストールしないと
その人自体は変化しません。



その感覚というのは
その人のその時は

こうだったというのを
一緒に体験する事です。



それが
1番感覚をつかむのに早い方法です。



例えば

コピーライティングの
添削をしてください

と持ってこられた時に

私は
消して直したりします。

全消しする事もあります。



それは

口では言い表せない
直し方があり
感覚的な部分もあります。


急成長するきっかけ

私も

色々経験した中で
感覚というのは

直接会って
伝授しないと伝わらない

という結論に至りました。


そういった感覚は

抽象的な話で
ちょっと説明するのが難しいです。


ですが、

何か

この人と話をした時に
急成長したりだとか

そんな感覚が

 

あなたも

今までにありませんでしたか?



例えば

アシスタントの時に

先輩から
一言アドバイスを

貰っただけで

今まで出来なかった事が
目の前が一気に開き

一瞬にして
できるようになった

そういった感覚です。



上の人の感覚に触れる

感覚ばかり
言ってますが

感覚を掴むには
その人に会って
その人の感覚を

一緒に体験して
同じ時間を過ごす事で

自分の中に
入ってくる。



よく言われるのが

今自分の周りにいる
5人の平均年収が

自分の平均年収

という事を
聞いた事がありますよね?



それは

お金だけではないですが
年収1000万だったら

1000万稼いでいる人にしか
わからない感覚

というのがあります。



私も、感覚的な人間です。



その感覚や感というのを
大事にしています。



例えば

何かを始めようとした時に
何故出来ると思ったのかを

聞かれても
出来ると思ったから
としか言えません。


具体的に言えば
数字を出す事もありますが

ここで

新しいお店を出して
やっていけると思える感覚は

今までに
自分が経験してきた事の蓄積です。



感覚という物は

一緒に時間を過ごさないと
中々伝わりにくいです。



やはり

自分より先を行っている人と
過ごす事をオススメします。


「テクニック」

「マインド」

その上が「感覚」


これを大事にして頂きたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました