自分の理想をおっかける美容室スタッフを不採用にする理由

面接

忙しい子育てサロンオーナーの

マーケティングパートナーの

宮下です。

 

先日は、

「自分のやりたいことをして
休みが少なくて、給料が少ない」

 

のか?

 

「自分の理想とは違うけれど
 休みが多くて、給料が少ない」

 

だけを聞くといいました。

 

ぼくは、
前者を面接で落とします。

 

「えっ!理想を追いかけて
 夢があっていいやん!」

 

って思われるかもしれません。

 

なぜなのか?

 

ぼくは、
いろんな後輩やオーナーさんを
見て来て順番が逆だと感じます。

 

最初に、
安定したお金と休みを確保して
自分のやりたいことをすすめます。

 

もし、
やりたいことと
市場が求めることが同じなら

 

最高にいいですよね?

 

しかし
大抵は、そうじゃないことが多いです。

 

理想を持つのは、
もちろん素晴らしいことです。

 

ぼくもそう思っています。

 

ただ、
夢ばかりでお金にならないと
続かないんですね。

 

後輩も、
美容師として人間として
ポテンシャルが高い子って

 

たくさんいましたが、

 

家族の反対とかで
続かなかったんですね。

 

なので、

 

これから
ビジネスを始める人に対しては
大事な順番です。

 

まずは、
「サロン(収入)の安定」

 

次に
「やりたいこと」

のステップですると

 

ぼくみたいに、
店を一回潰してる人間でも

すぐに、
復活できるんですね。

 

考え方は人それぞれなので
理想を追いかけることは否定しません。

 

むしろ応援してます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました