若いスタッフを雇い入れた時、若いお客様を集客するにはどうしたら良いですか?

スタッフ教育

こんにちは!

宮下です!

 

今回の質問はこちら↓

 

「若いスタッフを雇い入れた時、

 若いお客様を集客するにはどうしたら良いですか?」

 

ということですが、

 

その考えは、

結構、危険です。

 

なぜなら、

 

最初から

面接の時点で

 

これから

あなたのサロンに入ってこようと

されている方に

 

「うちはこういうお店だから、

 若いお客様は来ないよ。」

 

と正直に言っておかないと、

 

「話と違う!」

 

というふうになって

辞めてしまいます。

 

うちも 、

本店の店長は26歳です。

 

その店長が24歳で入った時に、

 

「うちは、白髪染め世代のお客様が

 メインターゲットだから、若いお客様は来ないよ」

 

お店に入社する前から

話はしています。

 

「その上で、何故そうしているのか? 」

 

という話もしっかりします。

 

「やりたい事」

「安定した給料をもらうこと」は、

 

別の話しです。

 

そもそも

「なぜ? 白髪染めのお客様を集客するのか?」

という3つの理由があります。

 

・平日や午前中に融通が利き

・お金にも余裕があり

・人口も多い

 

白髪染めをするお客様は

こうした特徴があるため、

お店も安定した経営が出来るからです。

 

そういったところまで、

しっかり説明しています。

 

若いお客様を相手にしたいなら、

「うちに来なくても良い」

と伝えます。

 

でも、

 

うちで働けば、

・給料も良いし、

・休みも多いし、

・私もセミナーをしているので

 経営の事も学べます。

 

最大限こちらも努力すると伝えています。

 

そこは、

お店の経営に関わる事なので、

変えてしまうと

 

後々、

苦しくなってしまいます。

 

また、

年配のお客様がメインのお店に、

 

若い方が来ても

お互いに居心地が悪くなってしまいます。

 

「二兎を追う者は一兎をも得ず」 という

ことわざがあるように、

 

どちらかに絞らないと

両方のお客様が

離れていってしまいます。

 

それだったら、

 

また別ブランドで、

お店を立ち上げて、

若い子向けのお店にしてはいかがですか?

 

なかなか上手くは行かず、

そのお店を 畳む事になるでしょう。

 

それが、

投資だと思って、

 

「若いスタッフの教育のためだ」

 

というのであれば、

良いかもしれません。

 

もし、スタッフさんが

美容業界に長い間

携わって行きたいと思っても、

 

・給料も少ない

・休みも少ない

・労働時間も長い

 

という状況が続くのは、

続けていくのは 厳しいですね。

 

「そういう我慢も必要」

 

という考えもありますが、

 

しなくてもいい努力は

しなくても良くないですか?

 

なので、

スタッフが 若いからといって

それに合わせてしまっては安定した経営ができません。

 

結果、

スタッフにも辛い思いをさせる事になってしまいます。

 

スタッフに

お店から独立させたいという

目標があるのであれば、

 

まずは

お店の安定した売り上げを確保してから、

 

自分のやりたい事を

していかなければいけません。

 

私たちオーナーが

それをスタッフにも

教えていかなければいけません。

 

私も、

5.6年程セミナーをしてきて、

1000人くらいの方達と関わってきています。

 

いろんな方を見てきました。

 

しかし。

最初からやりたい事だけをやろうと

してしまっている方が多いです。

 

そのせいで、

集客ができません、

売り上げが上がりません、

 

という状態になってしまっています。

 

それは当たり前ですよね。

 

考え方が スタッフとして

働いていた時のままで

いるのではないでしょうか?

 

そこは、

オーナーになった時点で

切り替えて 違う職業についたと思って

行動しなければ この業界は厳しいです。

 

なぜ、

私がこうして、

お店を3つ持ちながら、

 

他のこともありながらも

こういった活動をしているのかというと

全員は無理だと思いますが、

 

私と出会ったことで、

その方が少しでも変わったり、

生活が楽になる事ができれば 私も嬉しいからです。

 

私自身も、

お店が うまく行かなかった時はありました。

 

そんな時は、

いろんな方に 救っていただきました。

 

1人でサロンを大きくする事が、

できたわけではないです。

 

今あるメンバーとも

意見交換をしたりして

お互いに高め合っています!

 

私が独立したきっかけは、

正直、 人間関係が嫌になったからでした。

 

26歳の時から、

お店を任されるようになりましたが、

 

オーナーとスタッフに挟まれて

中間管理職ばかりやっているのに

嫌気がさしました。

 

それで、

妻と2人で始めました。

 

夫婦2人でやっていくつもりでしたが、

ひょんなことから、

スタッフを 雇い入れる事になったのですが、

 

初めて スタッフになった子は、

一緒に休みの日に バスケをしていた子でした。

 

その子が、

店を辞めたというので、

勿体無いなーと思い、

雇い入れたのがきっかけです。

 

そこから、

結局その子は辞めましたが、

 

その子のおかげで

人を雇い入れるという事に

抵抗がなくなりました。

 

今は そのおかげもあって、

スタッフと 楽しく仕事していますし、

自慢話をするわけではないですが、

幸せに暮らせています。

 

とはいっても、

失敗の連続で

山あり谷あり乗り切ってきました。

 

結局は

若いスタッフにも

現実をしっかり伝えることが

オーナーの役目ですよね。

 

これが正解か不正解か

人によって

考え方はそれぞれだと思いますが、

 

私はこのように考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました