100円のボールペンを1万円で売る方法




ライティングセミナーの

プチコーナーで

隣の人に

ボールペンを売ってください

と言うコーナーが

ありました。


それで

あなただったら

隣の人に

どうやって

100円のボールペンを

1万円で

売るかということです。


よく

コピーライティングがあれば

100円の商品を

1万円で

売れると言う人もいます。


ですが

正直

そう言っていますけど

目の前で売っている所は

見た事はないと思います。


では

それをどうやったら

1万円で

買ってもらえるか

というところです。


価値をつけるためには?

100円のボールペンは

機能的には

100円のボールペンです。


そこに

価値とか

1万円の価値を盛るには

どうしたらいいのか?


そのボールペンを

買ってくれたら

一万円の教材をつけますとか

それは

1万円で

ボールペンを

売っているのではなく。

その教材の


価値を打っているので

それはだめです。


後は

このボールペンは

3色あって

書き心地は

こうですとか

それは

機能的な価値では


なかなか売れません。


100円のボールペンは

所詮

100円のボールペンなので

高くは売れません。


では

どうやって

販売していくのか?


それは

そこに

ストーリー

物語を

乗せてあげます。


パワーアップする瞬間

何かのきっかけで

急に

パワーアップする事って

感じた事は無いでしょうか?


例えば

柔道だったら

今日から

黒帯になって

茶帯から黒帯になったら

急に強くなった

と言うように

やはり先生に

何か授かった時に

一気に伸びる

感覚があると思います。


私も

そういう瞬間がありました。


先生からもらった

ボールペンがあります。


コピーライティングをする時には

必ず手書きで

ボールペンで書きます。


その

ボールペンをもらってから

凄く

うまく描けるようになりました。


そして

そこから

商品やセミナーもそうですが

それを持ってから

一気に書けるようになり

ライティングだけで

300万円の売上を

あげた事もあります。


そのボールペンを

先生からもらって

自信がついたから

販売する事ができました。


そのボールペンを

持つだけで

一気に

コピーライティングが

上達する。


そういった

ボールペンを

欲しいですか?


となったら

少しは考えますよね。


そこに

物語を載せる事で

良く売れるようになります。


限定性と物語

よく

お土産コーナーに行ったら

ベビースターとか

ご当地キティーちゃんとか

色々ありますが

ご当地のじゃがりこでも

売れています。


それは

その土地でしか

買えないとか

産直の野菜でも

何々さんが作っていますとか

こういう想いで販売しています。

というように

物語を乗せてあげて

売れるようになります。


昨日

お客さんから

さくらんぼを

いただいて

中田英寿が

お忍びで

さくらんぼ畑に行った

と言うさくらんぼでした。


また、

さくらんぼと言えば

軽部さんと言う

さくらんぼ会の

レジェンドが作っている

さくらんぼがあります。


それを聞いたら

やはり食べてみたいな

となります。


そういうところで

機能的価値ではなく

ボールペンにしても

赤いインクが出るとか

すぐ乾くとか

3色ですとかではなく

そこに

想いとかを乗せて

販売していかないと

売れないということです。


あなたの商品や

サービスに

あなたの物語や情熱をのせて

メニューにも

物語を乗せてあげることが

大事ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました