文字数が少ないフリーペーパー(地域クーポン誌)戦略

サロンコピーライティング
Ricinator / Pixabay

こんにちは!宮下です。

 

先日、個別コンサルティングをさせていただいてる三重県のオーナーさんとお会いしました。

 

このオーナーさんは、一人サロンでもう売り上げに困らないようになっています。

 

最近は、雇用や求人のことの相談が多いのですが、今回は地域クーポン誌(フリーペーパー)の入稿の締め切りが近いということでアドバイスをさせていただいたことをブログでシェアしていきます。

短くてもお客様に伝わる効果的なコピーライティング

 

今回のお悩みは、いつも載せているフリーペーパーに比べてかなり文字数が少ないので、文字数が少なくても「お客様に伝わる」コピーライティングの方法をお伝えします。

 

文字数が、76文字ということでした。

 

考えていただいた内容はこちら↓です。

年齢と共に髪や頭皮は刺激を受け易くなります。白髪抑制和漢カラーは今迄の和漢カラーに白髪抑制効果、抗炎症作用が加わった大人の悩みに最適な白髪染め

ということです。

 

内容自体は、悪くないしむしろターゲットが決まっていて良いですね。さらによくして行きましょう!

 

それでは、添削をしていきます。一緒にどこがお直しポイントか?考えてみてくださいね。

 

文字もデザイン

 

文字数に制限があるため漢字を多用しています。

 

漢字が多すぎるとパッと見、ゴチャゴチャしています。

 

ビフォー

年齢と共に髪や頭皮は刺激を受けくなります。白髪抑制和漢カラーは今の和漢カラーに白髪抑制効果、抗炎症作用が加わった大人の悩みに最適な白髪染め

 

アフター

年齢と共に髪や頭皮は刺激を受けやすくなります。白髪抑制和漢カラーは今までの和漢カラーに白髪抑制効果、抗炎症作用が加わったオトナの悩みに最適な白髪染め

 

気持ち読みやすくなりましたね。

 

次は、短くても効果的にできるメソッドを紹介します!

 

短い文章でも伝わる効果的なFABメソッド

 

F:Features(機能・特徴)
A:Advantages(利点)
B:Benefits(利益)

 

という感じです。

 

ビフォー

年齢と共に髪や頭皮は刺激を受けやすくなります。白髪抑制和漢カラーは今までの和漢カラーに白髪抑制効果、抗炎症作用が加わったオトナの悩みに最適な白髪染め

 

アフター

和漢白髪抑制カラーは、気になる白髪と頭皮の炎症を抑えてくれます。毎月の白髪染めの苦痛から解放されます。(51文字)

 

かなりスッキリしましたね。

 

F(特徴):「白髪抑制カラー」このネーミングで白髪を抑制してくれるカラーというのがわかります。

 

A(利点):「白髪と頭皮の炎症を抑えてくれます」この商品の優れているところですね。

 

B(利益):「毎月の白髪染めの苦痛から解放されます」このカラーをすることで、こういう利益がある。

 

ここまでが、一般的なFABメソッドの考え方ですがもう少し突っ込んで見ましょう!

 

お客様が、美容室で本当に手に入れたいもの

 

特に、B(利益)の部分ですが、お客様は「自分にとっての利益」ではなく、本当に手に入れたいのは、「その先の変化」です。

 

例えば

 

ビフォー

和漢白髪抑制カラーは、気になる白髪と頭皮の炎症を抑えてくれます。毎月の白髪染めの苦痛から解放されます。(51文字)

 

アフター

和漢白髪抑制カラーは、気になる白髪と頭皮の炎症を抑えてくれます。毎月の白髪染めの苦痛から解放されます。いつまでも「変わらないね〜」って友人に褒められます。

 

あと、三重県のオーナーさんが言うにはフリーペーパーの担当の方が取材に来たと言うシチュエーションからこんな風になりました。

和漢白髪抑制カラーは、いつも白髪染めをしてヒリヒリしていましたが、ストレスなく染めれました。これならカラーの待ち時間もリラックスした気分でカラーを楽しめます。

 

文章で書いてしまうとあっさりしていますが、約1時間半、一緒に頭を捻りながら考えていました。

 

PS、頭を使うと本当にお腹が空きます。

 

その後は、真昼間から焼肉ランチで楽しい時間を過ごせました。

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました